X
スマートフォン研究倶楽部
iPad,iPhone,Androidなどを初心者向けに紹介するサイト

マップを利用する

iPadには地図が確認できるマップがあらかじめ搭載されいてます。
目的地の検索はもちろん、位置情報機能を用いた現存位置の確認や地図を見たい場所を検索することも可能です。

iPadには地図が確認できるマップがあらかじめ搭載されいてます。目的地の検索はもちろん、位置情報機能を用いた現存位置の確認や地図を見たい場所を検索することも可能です。

  1. 現在地の地図を表示する
  2. 場所を検索する
このマップアプリは、iPad4以降、iPad mini、iOS6以降でのアプリが対象となります。iOS5以前では「Googleマップ」が搭載されているため、このページの説明は該当しません。

現在地の地図を表示する

「マップ」を起動する

ホーム画面で「マップ」をタップします。

現在位置に移動する

「マップ」が軌道したら、画面左下の■をタップします。

位置情報利用を許可する

位置情報を利用してよいか確認する画面が表示されるので「OK」をタップします。

現在位置が表示される

画面がズームアップして、現在位置に■が表示されます。もう一度■をタップすると、地図が自分の向いている方向に合わせて回転します。

地図を移動する

地図を上下左右に移動させたいときは、画面をドラッグします。

地図を拡大・縮小する

地図を拡大して表示したい時は、拡大したい場所を中心にピンチアウトします。反対にピンチインすると、地図が縮小表示されます。

場所を検索する

検索フィールドをタップする

「マップ」画面上部の検索フィールドをタップします。

検索フィールドを入力する

地図で確認したい場所の名前や住所を入力して「検索」をタップします。

検索地点が表示される

画面が移動し、検索した文字列の示す場所が地図上に表示されます。■をタップします。

詳細情報を見る

YahooJapanの詳細情報をタップすると、Safariが起動し、その場所の詳しい情報を見ることができます。


ビギナー部員(無料)もしくはゴールド部員(有料)に加入すると、動画を閲覧することができます。



コメントを残す

メッセージ (必 須)
お名前 (必 須)
Email (必 須)
Webサイト (例. http://yoursite.com)

アプリ関連

  • Googleマップを利用する

    07_基本アプリ(時計、メモなど)

    標準アプリの「マップ」はApple独自の地図データを使用するようになりましたが、Googleマップを使用したい場合は、SafariでアクセスすればOKです。 ショートカットをホーム画面に追加すれば、1回の夕ップでGoogleマップを表示できます。

iPad,iPhone,Androidなどを初心者向けに紹介するサイト

© 2013 スマートフォン研究倶楽部